MEDICOMM

株式会社メディアコミュニケーションズは、プランニング&プロデュースを行うTOKYO FMのグループ会社です。
HOME  >  会社概要  >  沿革

HISTORY沿革

1985年 株式会社エフエム東京の関連会社として、株式会社エーヴィティサービスを設立。
エフエム局の技術業務を基盤として、TOKYO FM HALLのコンサート企画
および運用管理業務を開始。
また、TOKYO FM 事業部の試写会ほかイベント業務も開始。
(千代田区隼町 資本金2000万円)
1989年 放送機材車導入。報道、局外中継の運行業務開始。
労働関係諸法に基づき、民放FM各局を中心に人材派遣事業開始。
本社屋を千代田区麹町に移転。
1990年 エアボイススタジオ完成。
1991年 渋谷カタクリコスタジオ運用開始。
1992年 ラジオショッピング「テレマルシェ」開始 制作・運営に参画。
資本金を4000万円に増資。
1993年 渋谷スペイン坂スタジオをオープン。渋谷パルコと共同で事業を行う。
初来日のマライアキャリー本人を稼働したプロモーションを渋谷酒井駐車場(現GAP)にて実施。まだPRという概念がない中、マスコミに大きく報じられた。
その後も多くのアーティストがこの地でゲリラライブを企画、実施。
2005年 TOKYO FM 35周年記念事業の一環で、
渋谷スペイン坂スタジオの改装リニューアルオープン。
三井不動産株式会社様、株式会社電通様とともに三井越後屋ステーション企画に参加、日本橋越後屋スタジオを設置し、TOKYO FM の公開放送を期間限定で実施。
2006年 日本橋 HD DVDプラネタリウムの企画、制作、運営を実施。
JFNヒューマンコンシャス「UNITY」久保田利伸、KREVAのコラボレーションライブを全国9か所で実施。
2007年 東京ミッドタウンに、TOKYO FM MIDTOWN STUDIOを開設。
2009年 半蔵門ランナーズサテライト「JOGLIS」開設。
2013年 ランナーサポート施設の Run Pit by au Smart Sport (KDDI株式会社)、
ジョグポート有明(東京マラソン財団)の運営委託業務開始。
自社事業である、「JOGLIS大阪」をオープン。スポーツ事業を本格的に開始。
2014年 JOGLISプロジェクトの発展として、「おもてなしランナー™ プロジェクト」発足
2015年 一般社団法人おもてなしランナー協会を設立
2016年 V-Lowマルチメディア放送「i-dio」の運行技術業務を開始。
本社屋を現在の千代田区隼町に移転
2017年 「労働者派遣事業」許認可、「プライバシーマーク」取得 。
2018年 銀座ヴィーガンカフェダイニング「nu dish Deli & Cafe」オープン、
エアボイススタジオの「B.st」リニューアルと「MA-Lab.st」オープン。
Top